読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨシトのたびかん

旅や展覧会の感想など。

箱根の交通機関リンク集

箱根で利用した交通機関のリンク集をば。

箱根は乗り物王国でした。

 

箱根登山電車 箱根登山ケーブルカー 箱根湯本~強羅、強羅~早雲山

箱根ロープウェイ 早雲山~桃源台(早雲山~大涌谷は4月14日まで設備改造工事のため運休中。代行バスあり。)

 

観光施設めぐりバス「スカイライト」|箱根登山バス箱根美術館~ラリック美術館)

伊豆箱根バスTOP |伊豆箱根バス(箱根湯本~箱根園)

特急ロマンスカー|小田急電鉄(新宿~箱根湯本)

 

箱根 駒ヶ岳の楽しみ方|箱根 駒ヶ岳ロープウェー:鑑賞する|箱根園 

(箱根園~箱根駒ヶ岳山頂)

箱根 芦ノ湖遊覧船 |箱根 芦ノ湖遊覧船 (湖尻~箱根園)

 

 

利用はしていないけど見かけたので。

箱根海賊船 箱根・芦ノ湖cへようこそ!絶景の船旅

 芦ノ湖遊覧船と海賊船はルートが違うので目的地によって

乗り分けると良いかも。

 

箱根 乗り物と人

 

 バスの旅

旅先でのバスは楽しい。

電車よりも周りの景色が楽しめるし、地元の方が乗っていれば方言も聞ける。

あとは安全に目的地に着けば満足だ。

だけど今回のバスは違った。箱根美術館から箱根ラリック美術館までの、時間にしたら15分から20分くらいのバスの旅。

 

「ポーラ美術館に行かれますか?」

 

乗る時に尋ねられたのは美術館が今は閉館しているから、それを事前に知らせてくれようとしたのだろう。

ラリック美術館です、と答えて一番前の左側の席に座る。

目の前の景色と運転士さんの動きが見られる楽しい席だ。

 

観光施設を巡るバスなので、道の途中の観光案内や

目的地に着くたびに施設の紹介や入口の場所なども知らせてくれる

 

箱根は山道なのでカーブが多く「酔いやすい方はいらっしゃいますか?」と手を挙げる仕草をして「酔いやすい方がいる時は速度を落として走行します」の言葉通り、

速度を落として運転していた。

 

バス停に人がいたら「どこに行かれますか?」と必ず声をかける。

外国の方ならば「次のバスです」と英語で答えつつ、

腕でバスの系統を示すTの字を作って案内もする。

 

わたしがラリック美術館で降りると「帰りのバス停は五十メートル先にあります」と教えて下さって、観覧し終えてバスを待っていたらまた同じ運転士さんで

お帰りなさい」と声をかけてくれたのが良かった。

 

帰宅途中の地元の中学生に運転士がピッと手を上げて挨拶すると

の子もニコッと笑っていたのでいつものやりとりなのかもしれない。

 

箱根ロープウェイ

大涌谷で温泉卵を買った家族と一つのゴンドラに乗ることになった。

わたしはゴンドラの前方。3人家族は後方で温泉卵を食べている。

静岡にいる大学生の息子と新潟から出てきた両親が一緒に旅行をしているらしい。

夜の間によくこれだけ積もったなぁと思っていたら、

新潟の母は「降ってもこのくらいなのね」

と可愛いものをみるかのように笑っていた。

 

 

 

芦ノ湖遊覧船と駒ケ岳ロープウェイ

 

昨日の雪は陽射しを浴びて雨のようにしとしとと、所々でボトボトと落ち始めていた。 

芦ノ湖に降り立つと、湖を囲む山に遮られて富士山が見えなくなるのが驚きだった。

写真で見ると湖と富士山が一緒に写っていたりするから、湖面に近いところからでも見られるものだと勘違いしていたのだ。写真はたぶん、湖の南側にある高台から撮られたものだろう。

ロープウェイの桃源台駅から十分ほど歩くと芦ノ湖遊覧船の湖尻港に着いた。

 

アメリカからの団体のお客さんと一緒にフェリーに乗り込む。

『ここには誰か座ってる?』と英語で聞かれたので『いいえ』と答えると、

横の席に老夫婦が腰掛けた。進行方向が見渡せる一番前の特等席だ。

 

出航まで何もすることがないので、何か会話せねば、写真でも見せようかと思ったが、簡単な英語もとっさに出てこなくて、景色を見ていた夫人の『ビューティフル』という言葉にコクンと相づちを打った。

 

アナウンスは日本語の後に英語で案内があり、屋上デッキに出ます、

と指で天井を指すと夫人がニコリと笑って見送ってくれた。

 

 

フェリーを降り、五分ほど歩くと駒ケ岳ロープウェイの乗り場に着く。

先ほどのアメリカからの観光客と共にすし詰め状態のゴンドラで山頂に運ばれる。

案内係の女性の日本語は観光客の声にかき消され、何を言っているか分からない。

 

外国語のアナウンスがあったら、もう少し静かに聴いていたかもしれないが、

日本語だけならお喋りもしたくなるだろう。

山頂にはまだ雪が残っていた。眼下の風景は雲に覆われ、雲の切れ目に時折富士山が見える。

 

ぬかるむ丘を登った先に神社があり、

引き戸を開けると中には神主さんがいた。

お参りをしたあと、丘の端から雲に覆われた富士山を見る。

 

 

 

ロープウェイで麓に降りた後は箱根園から箱根湯本までバスに乗った。

こちらのバスは昨日のバスと違って外観も中運転士さんもごく普通のバスだ。

主に乗っていたのは観光客だが特に観光案内などはなかった。地元の人の足なのかもしれない。

 

湯本に着いて駅の近くの土産物屋をブラブラして、パンを買って帰途に着いた。

一泊二日の箱根旅・後編

朝起きると、そこは雪国でした。

わたしの旅は終わった・・・と思いきや交通機関は動いているそう。

朝食を食べてケーブルカーで早雲山まで行きます。

 

 

(早雲山からの眺め)

 

(硫黄の香り漂う大涌谷

 

大涌谷の駐車場からも富士山が見えます)

 

大涌谷から桃源台駅まではシャッターチャンスが目白押し!)

 

 

芦ノ湖湖畔。ここまでくると富士山が見えません)

 

 

海賊船と遭遇!

 

駒ヶ岳のてっぺんを目指します。

 

下から見えたのはロープウェイの建物でした。廃墟っぽいけど現役!カッコイイ!

 

建物からさらに10分くらい歩くと箱根元宮があります。

 

元宮の横の富士山スポット。雲のまにまに富士山が見えます。

一泊二日の箱根旅・前編

今回の旅のお品書きはこんな感じです。

 

一日目 箱根美術館 箱根ラリック美術館

二日目 芦ノ湖 駒ヶ岳 箱根湯本

 

いつも目的地がたっぷりで詰め込みすぎなわたしにしては

行くところが少ないような?

いいえ大丈夫。今回も移動たっぷりの旅になりました。

それでは行ってみましょう箱根旅!

 

まずは登山電車で箱根湯本から強羅まで。

スイッチバック初体験にテンションが上がるも

意外とフツーで、もっとガシャガシャガッタン!と音がしたり

振動があったりするのかなぁと思っていたらそんなことはありませんでした。

 

そもそもスイッチバックとは

『列車が急な斜面を、前後の向きを交互に変えてZ字形に上り下りすること』

 なんだそう。

 

駅に着いたと思ったら進行方向が逆になって電車が進むのが新鮮でした。

 

三月は卒業旅行のシーズンのせいか平日でも人が多く、

すし詰めの二三歩手前の車両の中からはあまり景色が見えませんでした。

それでも谷の急カーブに沿った運転などは今たしかに曲がっているぞ・・・!という

振動を体で感じることが出来て面白かったです。

 

昼頃に強羅駅に着いたのでまずは「豆腐かつ煮」を食べてみたいなぁ~と

田むら銀かつ亭」へ。

長蛇の列に怖気づいたわたしは目の前にある系列店の「銀かつ工房」へ。

もち豚を米油で揚げた「銀かつサンド」を頂きました。

 

銀かつ亭・銀かつ工房 公式サイト|箱根強羅温泉

 

腹ごしらえを済ませた後は強羅駅から箱根登山ケーブルカーに乗って公園上駅へ。

駅からすぐの坂に面して建てられた箱根美術館へ。

 

 (こちらは受付のある建物。この先にお庭と展示棟があります)

 

『うさぎの埴輪がある美術館』という情報につられてやってきましたが、

うさぎも良かったけれど、コレクションのやきものの展示がとても良くて長居しました。須恵器の青灰色がなんとも綺麗でした。

コレクションの一部はWeb上でも見られるのですが、自然光の入る室内の中のやきものの色や質感は実際に見た方が綺麗でした。中部方面のやきものがまとまって見られるのは遠くから来た者にとってありがたい。

大きな額縁のような窓から見える箱根の山々にかかる雲は動く絵のようでした。

 

箱根ラリック美術館では平成13年まで実際に使用されていたオリエント急行の車両がカフェになっています。

解説とお茶付きのセットがあると聞いて次の回を早速予約。

(予約は現地でしかできないのです)。

前の回は満席だったそうですが、今回はまさかの解説員の女性わたしの一対一。

シフォンケーキや紅茶を頂きながら話を聞いて、食べ終わったら時間がくるまで撮影タイム!

 

テーブルと椅子は意外と軽いらしく、現役の時は横によけて車内でダンスをしたりもしたそう。

 

(艶消しのフロステッド加工)

 

お腹を満たしたあとはいざ、ラリック美術館の展示室へ。

ジュエリー作家からガラス工芸家になっていったラリックの足跡が分かる展示で

自宅をショールームにしている部屋の再現などもありました。

もともとはラベルのデザインだけを頼まれていたのが、

香水瓶も手がけるようになったそうで、さまざまな形の香水瓶は集めたくなるほど。

 

女性向けの灰皿などもあって、

そんなジャンルがあるのだなぁというのが驚きでした。

ガラスをクリーム色に濁らせる加工もあって

人物の肌の一部が肌色で、より立体的に艶めかしく見せているガラスもありました。

 

『大公開!沖ノ島展の舞台裏』に行ってきました

 

2月20日、休館日の月曜にぶろぐるぽのブロガーを対象にした

プレミム座談会&内覧会が行われました。

特別展会期中に行われる内覧会は初めてだそう。

 

正直に申し上げますと、先日行ったばかりだったので、

どうしようかなぁ、辞めとこうかなぁという気持ちだったのです。

でも、難しく思えたものが、ものの見方を教わったら楽しくなるのでは?

と思って「えいやっ」と申し込みをいたしました。

 

普段は入れない職員用の通用口から入り、集合場所へ。

30人くらいでしょうか。

関係者らしき方もちらほらいる様子。

 

司会は広報課主事の梶村美月さん。

登壇者は今回の展覧会の学芸主担当の小嶋篤さん。

イラストレーターのCANこと中野完二さん。

展示デザイナーの伏貫政春さん。

 

皆さんそれぞれの立場から展覧会の見所や裏話をしてくれました。

 

展覧会に飾ってあった大きな絵の原画がこちら。

まずは小嶋さんが『こんな感じでこんな場面を描いてください』とラフを書いて、

中野さんが下絵を描き、小嶋さんが史実に基づいているかチェックして、

中野さんが仕上げていくそう。

左下がスサノオ。もっと五○丸選手のように筋肉質でというリクエストにより
ごっつくなったスサノオスサノオの向かいの人物が背中に背負っているのは
鏃(やじり)を上にして矢を収めた靫(ゆき)という入れ物。
中野さんは靫や周りの柴垣も資料を調べて描いたそう。大変!
 
 

 (横から見るとこんな感じ)

 展示会場にある絵は1平方メートル以上はあったので原画は
意外と小さいんだなぁ。
細かい書き込みが間近で見ることができて満足でした。
 
 

 

 裏話を色々聞いたあとは展示室へ。

今日は休館日なので貸し切り状態!

 何でも写真を撮っていいと言われて色々撮ったものの

全部は載せられないのでお気に入りのだけでも。

 

 魚形土製品。クッキーみたい。

 

 たてがみをモヒカン刈りのように整えて、

しっぽを短くするのが当時の流行り。

 おでこのあたりの毛はちょんまげのように結ってある。馬形埴輪。

伏貫さんは今回の展示を考えるため九博のスタッフと共に

夏に沖ノ島に渡ったそう。

島での木漏れ日や波のゆらめきなどの

経験が展示室の通路部分のユラユラした

波のような光りにも活かされているのだとか。

 

海を渡った通路の先には沖ノ島。さらに左手に行くとみそぎをする浜辺の写真。

鳥居のオブジェの先には沖ノ島の展示物が並んでいるというストーリーが

この展示には込められていました。 

 

最後の方にある指輪を展示する台を作ったのも伏貫さんだと聞いて驚きました。

見せ方の工夫をたくさんされているようでした。

 

「埴輪に色はついていたのですか?」と小嶋さんに質問してみると、

ついているものもあれば、元から色がついていないものもあるとのこと。

関東の方の博物館に色付きの埴輪もあることを教えて頂きました。

(もっとピンポイントな県名を答えてくださったのですが自信がないので

大きく関東というくくりで)

 

 

裏話を聞いてから展示を見ると、何も知らないで見た時よりは

多くのことに気が付けた気がしました。

展示の意図などを聞く貴重な機会をありがとうございました。

 

 

九博のぶろぐるぽに参加しています。

この記事内の写真はすべて九州国立博物館より特別な許可を得て撮影したものです。


 

 

 

 

 

『フィンランド・デザイン展』に行ってきました

 

福岡市博物館のロビーに入るや否や、目に飛び込んでくる大きな垂れ幕のような布。
マリメッコを代表する《ウニッコ》というケシの花をデザインした柄が目を引きます。

 

福岡市博物館ロビー
 
 
展示室入り口

 

展覧会会場にはイッタラやアラビアの食器類などが
並べてあって、まるで雑貨店に来たようなワクワクとした気分が味わえました。

 

機能的で実用的で、おしゃれ。

 

椅子や食器はデザインが美しく、使いやすそうで、
収納しやすいように重ねられるものが多く、
なるほどこれがそういうことなんだなぁと納得。


フィンランドの風景を見ながら椅子に座れるコーナーもありました。
色んな椅子があるので座り比べるのに必死で映像の内容が記憶にないのが残念です。

可愛いものや綺麗なものを見ていると『キレイ』『カワイイ』と心の中で
呟くので自分にプラスの言葉をかけてる気分になっていいかも。


常設展の日本号と期間限定の展示の日光一文字も見て小雨の中帰りました。

 

鈴懸の木
 

鈴懸の木が実をつけています。地面にもころころと転がっていました。

 

museum.city.fukuoka.jp

 

 

『九博で交差する日本神話とアジアの歴史』に行ってきました

 

雪がちらちら舞う2月の上旬、

太宰府へ行ってきました。

 

こんなに寒かったら観光客も少ないかな~と思っていたら

参道にはいつものように海外からの観光客が大勢いらっしゃいました。

 

そうか。ツアーがあるもんね、などと納得しながら歩いていると

参道に新しいカフェがオープンしていました。

 

最近よく目にするようになったViTOというジェラート屋さんで、

太宰府には昨年の12月末にオープンしたそう。

 

外国人観光客向けなのか店頭に抹茶のセットのメニューもあったけれど、

韓国人の若い女の子たちはそちらに見向きもせずにコーヒー系の

ドリンクのメニューを見て嬉しそうに店に入っていきました。

(もしかして入り口は一つだけど、抹茶の店と別なのかな?)

店内で何を選んだのかは店員さんのみぞ知る。

 


そしてそして、咲きかけの梅を眺めつつ、お参りをしていざ展覧会へ。

現在は2017年に世界遺産登録が期待されている『宗像・沖ノ島と関連遺産群』の

展示が行われています。

 

飛梅と太宰府天満宮

 

幼いころ家族に連れられて宗像大社に初詣に行った時は

交通安全の神様だということしか知りませんでしたが、

世界遺産登録に向けての話題が出るようになってからは

テレビなどで初詣以外の宗像大社の姿を目にするようになりました。

 

玄界灘に浮かぶ女人禁制、男性も入島には条件がある沖ノ島

テレビでは10日交代で沖津宮に滞在する神職の話が放送されていました。

一人ぼっちで島で暮らすってどんな感じなんだろう。

 


展覧会は古墳時代から始まり、みずらを結った男の子が

椅子に座っている埴輪などがありました。

 

埴輪の馬や犬も一つ一つ見ると面白いんだけれども、

着色されていないものが多くてちょっと物足りないなぁと思っていたところ、

こちらの心のうちを見透かしたように

カラフルで大きなイラストが何枚か飾ってありました。

 

物だけだと想像しにくい神話の世界も絵があるとスッと入っていける気がします。

 

最後にはわたしの好きな金ピカの華やかなコーナーが!

 

新羅からもたらされた金の指輪がいくつか並んでいます。

拡大された指輪の写真を見ると細かい細工が施されていることが分かります。

色のついた石が埋め込まれていたり、細い線を何本も入れていたり。

実物を見ても小さすぎて分からないところが写真ではちゃんと確認できるので

何度も実物と見比べてしまいました。

 

地元なんだけどよく知らない歴史の展覧会だったので、ちょっととっつきにくい

テーマだったけれど、観る前よりは興味が持てたかな?

 

 

www.kyuhaku.jp