ヨシトのたびかん

旅や展覧会の感想など。

美味しい物をちょっとずつ・至上の印象派展

ビュールレって誰?と思ったら、

まずは動画を見てもらうのが一番かも!

 

特別展『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』
平成30年5月19日(土)〜 7月16日(月・祝)

www.youtube.com

 

そして興味が出てきたらぶらっと太宰府へ行ってみましょう~!

 

まずは太宰府の参道をぶらぶら。

参道で梅ヶ枝餅、梅アイス、梅ジュースはよく目にするけど、

最近増えて来たなと感じるのがあまおう関連のスイーツ。

まだ食べたことはないけれど、あまおうチーズケーキのお店なんかもあるんです。

 

しかし、この日は割と暑かった。

なので私はさっぱりとした冷たい物を求めていた。

そして鬼瓦の形の最中やわらび餅で有名な天山で、

あまおう苺の葛アイスバーなるものを発見!

 

これは食べてみるしかありません。

 

溶けるといけないのでブレブレの写真を取り直すこともなく、

見た目が涼し気なアイスをパクリ。

外側はプルンとして柔らかく、歯を立てるとひんやりしてシャリっとした触感。

普通のアイスのようにすぐ溶けることもなかったので、もう少しゆっくり写真を撮ってもよかったなぁ。350円なり。

 

 

そして印象派展へ!

一階のホールにはこんなパネルも。

 

 

 

 今回会場内に展示されているルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》とモネの《睡蓮の池、緑の反映》は写真を撮っても良いのです。

 

 

絵の傍らのキャプションに「8歳」と書いてあったのが一番の驚きでした。

銀行家の令嬢。ルノワールも気合を入れて描いたに違いない。

 

セザンヌ、マネ、ゴーギャンゴッホドラクロワピカソ

教科書で目にした有名な画家たちの絵の美味しいところを少しずつ頂いたような

展覧会でした。

 

 

毎週金・土曜日は午後八時まで夜間開館しているので

仕事帰りにぶらりと立ち寄るのもいいかも。

www.kyuhaku.jp

 

 

 

九博のぶろぐるぽに参加しています。

www.kyuhaku.jp

 

 

 そして寄り道の記事はまた後日。