ヨシトのたびかん

旅や展覧会の感想など。

東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」を観てきました。

東京都美術館で2018年10月8日(月・祝)まで開催中の「没後50年藤田嗣治」展に行ってきました。

 

藤田と言えば下の写真のような白い肌の女性や活き活きとした猫を描く画家のイメージですが、藤田の生涯を追うこの展覧会では中南米に渡って旅をしながら描いた、

線が太く色が濃い絵などがあり同じ画家なのだろうかというくらい絵が変わります。

 

20代でフランスに渡り、フランス人が東洋人に求める絵画を探り自分の絵をつくりあげていく藤田。

 

音声ガイドの津田健次郎さん演じる藤田の言葉で、藤田がしたたかで戦略的だったことが分かります。

 

外国に行ったら日本らしさを出そうとして今持っている絵画の技術やテーマに固執しそうだけど、

人のやってないことをやってやろう!という気概があって

自分を変えていくことに物怖じしない藤田。

 

周りの人がテーマにしない日常の家具や道具を使った静物画を描いたり、

浮世絵のような平面的な絵で女性の肖像画を描いたり、

自分らしさを確立させていく藤田はすぐに人気画家に。

 

それから第1次世界大戦、第2次世界大戦など戦争の影響を受け、

それによって住むところも絵のテーマも変わっていきます。

 

戦争に翻弄されながらもずっと描くことを辞めずに81歳まで生きた藤田の絵を見ているとたくましい人だったんだなぁと元気がもらえました。

 

foujita2018.jp

京都展は2018年10月19日(金)から12月16日(日)まで京都国立近代美術館にて。

 

 

藤田が好きで集めていたジュイ布(西洋更紗)が描かれた「五人の裸婦」など、布に描かれた細かい柄もみどころです。

 

2年前に渋谷で展覧会をやってたんですね!見たかった!

西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展 [セイヨウサラサトワルドジュイテン]