ヨシトのたびかん

旅や展覧会の感想など。

VR SENSE「DREAM☆LIVE」体験レポ

「ときめきレストラン☆☆☆」のアイドルたちのVRライブが地元でも観られると知り、 稼働日初日にゲームセンターに行って参りました。 

 

ときレスをご存じない方に説明すると、アイドルが出てくる女性向けゲームのアプリで、 アイドルたちが歌う曲がCD化しアルバムも多数発売されています。 

来年の二月にはアイドル達に密着したドキュメンタリー映像満載のVITA向けのゲーム、アニメ映画の上映、 三月には横浜のDMMシアターで数回目のライブツアーが決定されている、今勢いのあるコンテンツです。 

コーエーテクモさんの力の入れ具合を感じる! 

筐体がどこに置かれているか聞かなくちゃいけないかなぁなどと

心配しながらゲームセンターに向かうと、 
入り口の真上に「VR SENSE 二階」の表示があるではありませんか! 
めっちゃ親切! そしてVR SENSEへの期待が高まります。 

入ってすぐのエレベーターに乗り、二階に着くとすぐ目の前にVR SENSEが二台。 
スパークリングブルーとスパークリングシルバーです。 

シルバーの方は『超 真・三國無双』『G1 JOCKEY SENSE』

DEAD OR ALIVE Xtreme SENSE』 が搭載されていて、

男性の方が数名興味深く筐体を眺めておりましたが

調整中でまだプレイはできない様子。 

一方ブルーの搭載タイトルは『3 Majesty × X.I.P. DREAM☆LIVE』 
『ホラーSENSE 〜だるまさんがころんだ〜』『超 戦国コースター』。 
ちょうどどなたも並んでいなかったので早速乗り込みました。 

カーテンは無いものの、人から見えそうな側には間仕切りが置いてあって安心です。 
ライブではありますが言われるがままに座席にあるシートベルトを装着して800円を入れ、 画面に従いながらゴーグルの装着を行ないます。 

頭周りのサイズを広げようとヘッドセットをいじるのですが力加減が分からず、 
壊してはいけないので弱い力で広げていきます。なかなか広がらないぜ、ぐぬぬ。 

外が見えない分、意外と焦るのでヘッドセットの装着の仕方の動画があったら予習していきたいところです。 

有難いことにVRゴーグル用のマスクも置いてあったのですが、 
自分の顔につけるのかゴーグルの方につけるのか分からなかったので 
こちらも写真があったら嬉しいなぁ。 

マスクを上手く装着できなかったのでつけないでプレイしたところ、

ゴーグルに化粧が付いてしまい、 終わったあと店員さんに頼んで綺麗にしてもらいました。 
お手数おかけして申し訳ない。 
でも次に使う人にも気持ちよく使って頂きたいものなぁ。とほほ。 
(次の日に行くとウエットティッシュが増えていました)

そしてそして、お待たせしました! 

数々の装着の試練を乗り越え(?)いよいよドリームライブスタートです。 

 

~ネタばれの心の準備はよろしいですか?

良い方のみガっとスクロールで下まで下げてお読みください。~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


先に3 Majesty「Pastel Sky」次に X.I.P.の 「Higher ground」の順番でライブが始まります。 
正面か右か左が選べるので1回目のプレイは正面、二回目は右、三回目は左を選んでみました。 見やすいのは正面で左右だと奥行きが捉えやすくていいかもしれません。

とりあえず一回だけプレイしてみようと思う方には迷わず正面をお勧めしたい!


曲に合わせてペンライトを振るゲームなのでどう操作するのだろうと思っていたら、 
筐体の中にあるプレイステーション用のコントローラーで 
アナログスティックを上下や横に押して操作するのでした。 

 

こんな大きな機械の中でお家にあるようなコントローラーを使うことになるとは!

 

ちょっとだけ肩透かしを食らったような気持ちと、VRが近いうちにお家で楽しめるようになるのだなという確かな予感をこのコントローラーは与えてくれます。

ライブ中は画面左上にあるスコア表示を時々眺めつつ、

アイドルたちのパフォーマンスや新衣装を堪能します。 

目線を動かすとアイドルたちの靴の形もしっかり見えて、 
振り返ると他のファンたちが振るペンライトも見える憎い演出! 


曲の途中、ぶわっと爽やかな香りがする3Mj。 

スコアがある程度達成すると今までステージから二列目に居た自分の目線がステージ上に上がり、 気分はドローン…… 
いやいやテレビのズーム画面のような近さでアップになったみんなの細かい表情を見ることができます。 

綺麗だなぁ! 

今回の3Mjの衣装は3人とも袖がないので、腕を上げた時のフリでワキがしっかり見えます。 
つるつるで白い! 眩しい…!! 
3人の目元にうっとりしたり、ひらひらと翻る衣装の動きを目で追ったり。 
動きが盛りだくさんで目がいくつあっても足りません。 

後者のX.I.P.はステージ上で炎が上がる瞬間に温風がブォォっと顔に当たり、

本物のライブの演出のようでした。 

曲の途中の香りは3Mjに比べると甘い香り。 

不破君と神崎君の衣装はお腹がちらりと見えて後姿がとてもセクシーでした。 
伊達君の嬉しそうに歌う優し気な表情には三度ともキュンとしました。 

スコアがあるからには「ミス」もあり、3Mjの曲ではスコアが上がりやすいものの、 
リズムを取るのがちょっと難しいX.I.P.ではスコアがなかなか伸びず。 
前者が250、後者が200くらいでしょうか。 
それでも最後のご褒美のコーナーがちゃんとありました。 (満点は530点)

一度目のプレイ時はペンライトの色を3Mjの時は赤、 
X.I.P.の時は紫にしていたので、ご褒美は辻君でした。 
二回目は二曲とも紫にしていたので神崎君がやってきました。 

最初に選んだライトの色がご褒美に関わってくるようで、

一途なプレイが良いのかもしれません。

 


ご褒美タイムは、ライブが終わってお客さんが居なくなった会場で、

アイドルと二人っきり! 
すごく贅沢なシチュエーションです。 
今日のライブのことや、また来いよ、みたいなことを言われます。 


さきほど歌った曲をギターで弾いたりすると言ってギターをかき鳴らす仕草をする辻君。(可愛い)

そして辻君は投げキッスをして照れて去っていきました。

照れるところまでが辻君です。 


神崎君は去って行こうとしてくるりと振り向いて投げキッスのような仕草をして帰っていきました。 

見返り神崎の仕草にはスコアを一万点捧げたいくらい。

振り返る神崎君は衣装の良さも手伝って素敵です。

絶対分かっててやってるところがあざとい!!可愛い! 

 

霧島君が手を差し伸べてきたときは思わず手が動いてしまうほど。

至近距離にアイドルがいます。

深くお辞儀をした霧島君のつむじをまじまじと覗き込むように

見れたのもVRならではでしょうか。そして恥ずかしげもなくさらりと投げキッス。

 


今回は三人しか見ていないのですがご褒美は六人とも投げキッスがあるんでしょうか? 
またプレイするときに違うアイドルを選んでチャレンジしてみたいです。 


ソフトになることを祈りつつPSVRを買うための貯金もせねばと思いました。 
面白い体験をありがとうございました! 

長文読んでくださった方もありがとうございました♡ 



おまけ 

Wikiを見てみると今回演奏された二曲は昨年の三月に発売されたアルバムの中に含まれているので 以前から準備していたのだなぁと想像が膨らみました。