ヨシトのたびかん

旅や展覧会の感想など。

次元を超えて会ってきた!

 

2017年7月22日と23日にディファ有明で開催されたARパフォーマーズによる2ND A'LIVE(セカンドアライブ)に行ってきました。

 

ARPのCDを聴いたり、ラジオを聴いたりしているもののライブに行くのは初めてで、

ようやく今回が念願の初ライブです。

 

正直、楽しみだけど楽しめなかったらどうしよう、

調子に乗って6公演のうちの4公演分も買っちまったぞ、

と入金した時は思いましたが、

第1公演が終わるころには買ってて良かったと思い直しました。

 

ARPとはなんぞやと言われると、現代版人形浄瑠璃というのが

一番しっくりくる気がしています。

一人のパフォーマーを声優、モーションアクター

目や口の動きなどを制御する技術者などが担当し

リアルタイムに舞台上で演じて、

パフォーマー以外は表に出てこないところなどがまさにそんな感じ。

 

会場のお客さんとの質問コーナーなどは

「そんな質問しても大丈夫なの?」とこっちが心配してしまうような質問も

飛び出したりしましたが、間をあけずに答えてくれて驚きました。

 

うろ覚えで恐縮ですがこんな感じ。

「シンジくんの髪の色は地毛ですか?」

→「デビューするときにスタイリストさんと相談して金髪に染めました」

「卵の黄身と白身はどちらが好きですか?」

→「皆さん目を閉じて。・・・キミが好き」

こんなことを声だけじゃなく仕草や表情付きで言ってくれるのです。スゴイ!

 

見る前までは新しい技術を見に行くぞ!という謎の気概に満ちていましたが、

実際に見てみると技術を感じさせない技術みたいなものを感じました。

それくらいとっても自然で4人のパフォーマーのダンスや歌に熱くなったり、

漫才や掛け合いに吹き出したりで、4公演があっという間でした。

 

普段ですと同じライブを4回も見ることはないのですが、

大まかな流れは一緒だけれども間に挟まれるやり取りが毎回違っていて

毎回楽しむことが出来ました。

 

勝ち負けが分かるのは辛い時もありますが、

バトルソングと言って二人で対戦するコーナーは

毎回勝敗が決まるのでどの公演も同じものにならないところが

緊張感があって良い気がします。

 

一丁さんが4人をうまくツッコんでくれるので

4人が4人ともボケに回ることが出来るのが

ARPのライブの魅力なんじゃないかなと思いました。

 

ファンを呼ぶときの愛称というものがそれぞれあって

シンジ君は「プリンセス」レベルクロスは「サブメンバー諸君」で

レオン君にはそれがなく、

会場にある七夕の短冊に「レオンくんファンの呼び名を考えてほしい」というようなお願いがあり「たんたん」という呼び方に決まったのが印象に残りました。

 

今作り上げられようとしている瞬間を見ている喜びというか、

アーティストが成長していく瞬間に立ち会えた喜びみたいなものを感じて、

また成長した彼らが見たくなってしまいました。

 

会場から千キロ以上離れた所に住んでいるため、遠征はこれが最後だぜと

思っておりましたが揺らぐ乙女心。

 

次回は来年の1月だそうで嬉しいような悩ましいような!

難しいでしょうけれどライブの地方公演なども本当にお待ちしております!

 

 

 

以下はスマホで撮った写真です。

舞台の上の彼らを上手く撮るにはどうしたらいいのか教えてもらいたい。トホホ。

 

左からレオン君、シンジ君、レイジ君、ダイヤ君。 

 

 

罰ゲームもとい課題の漫才をしているレオン君とシンジ君。

コンビニに入ろうとするシンジ君を待ち受ける数々の試練。

入り口前に居るヤンキーを飛び越え、配送業者さんの荷物をかわし、品出ししている店長を飛び越え、店長を飛び越え、店長を飛び越え・・・「この店、店長多くない?」とシンジ君。転がる石や転がらない石などのトラップに引っかかると「命無いで!」と強気なレオン君の叱咤が飛ぶのも面白かったです。

新曲はシンジ君の新しい一面が見られました。曲が終わったあともしばらくクールな口調のシンジ君が面白かった。

 

衣装もいっぱい着替えてくれるのが見てて楽しい!